ギャンブルは珍しい娯楽ではない?

日本国内のギャンブル法は非常に複雑ですが、ギャンブル好きのためのアクティビティは十分に揃っています。国内で非常に人気のあるパチンコは、最もギャンブルに近いものといえるでしょう。

パチンコはスロットとピンボールマシンの掛け合わせのようなもので、特にルールはなく、全国のいたるところで見かけます。

しかし現在のところ、いまだ従来型のカジノは存在していません。近年の法改正によっていくつかの実店舗のギャンブル場が認可されましたが、実際にカジノが開業するにはあと数年かかることでしょう。

実店舗カジノで遊ぶ機会が極めて少ないため、国内のプレイヤーたちはますますインターネットへ移行しています。日本国内でも利用できるオンラインカジノはスロット、ルーレット、ブラックジャック、その他様々なゲームを提供しており、ますます多くのプレイヤーを引き寄せています。オンラインカジノは日本のギャンブラーたちを魅了しており、大ヒットを記録しています!

まったく規制がない国内市場

日本のギャンブル法の大半は、実店舗カジノが対象となっています。そこで海外のオンラインカジノは、日本人顧客を無制限に迎え入れる場合があります。大金の動く大型ビジネスなので、オンラインカジノや賭博サイトがその分け前にありつこうと競い合っています。

世界で行なわれている合法的なゲーミングの一つが「競馬」です。2019年には300億ドルの歳入をもたらしました。また、パチンコ市場はおよそ300億ドルの価値となっています。

法的取り締まりが不足しているため、オンラインカジノの数は簡単にはわかりません。しかし、非常に莫大な数だと思って間違いないでしょう。特にベラジョンカジノのようなサイトは、いろいろな割引や特典をオファーしており、プレイヤーの満足度も高くなっています。

政府はオンラインカジノという好機を逃している?

ギャンブルは日本では長い間統制が行なわれていません。なぜなら、統制に反対する数々の反社会的動きがあった(今でもある)からです。もっとも最近の提案では、ライブ方式について協議していますが、日本ではオンラインカジノが一向に議題に上りません。インターネット上でプレイしたいと思っている多くの人々は、国際認可をもつ海外のサイトでプレイしているようです。

当然の疑問ですが、日本政府は世の中の動きから出遅れているのでしょうか?

数字を見れば、オンラインゲーム業界を統制することによって、多大な収入増が見込めることは明らかです。日本でサービスを提供したがっているギャンブルサイトに、ライセンス料を徴収し、さらに課税することで、日本経済へ大きく貢献することは間違いないのです。

とはいえ、これらに関する裁判沙汰は、複雑かつ効率の悪いものになりがちであることも周知の通りです。米国を考えてみると、スポーツ賭博は何十年もの間米国でごく普通に行われていたにもかかわらず、最近になってやっとスポーツ賭博が合法化されました。

最後になりましたが、日本が世界の流れに追いついて、オンラインカジノに対する規制を整えるであろうことは間違いありません。それによって国の経済を支え、プレイヤーたちのセキュリティを向上させるからです。しかし現状を考えると、それまでにはもう少し時間がかかるでしょう。